2017年02月02日

第18回定期演奏会

おはようございます。(いま夜ですが)
・・・あ、ウチの団は開始前のあいさつは昼、夜いつでも「おはようございます!」が合言葉なんですね
いつもの習慣ってヤツです。

さて、第18回定期演奏会まであと1週間となりました。
本番目前に、ロンドベルならではのストレートに心に響く情熱的なサウンドをお客様へ届けられるよう団員一同、真冬だけどアツい練習に集中して、着実に演奏の完成度を高めてまいりました。

メンバーの個性やキャラクターは本当に多彩で、演奏を通じて放たれ融合したサウンドは時に繊細ではかなく、また時には激しくダイナミックだったり。
サウンドの充実と共鳴する一体感を得られた時は本当に奏者冥利に尽きるというか、やっててよかったなーと思える快感にひたってしまいます。
ところで、そんな管楽器奏者の特性や楽団の台所事情を、軽妙洒脱に描いた面白い本がありますよね。(思わずツボにハマっちゃうかも?)

本.JPG

管楽器奏者タイプ別:要約まとめ(=悪口はナシで)
 ・フルート:冷たさも軽さも備えた、わがままエリート
 ・オーボエ:何事も慎重で保守的な秀才
 ・クラリネット:複雑さも秘めた、控え目な万能選手
 ・サックス:個性的でおしゃれなナルシスト
 ・ホルン:凝り性。忍耐強く、独特のユーモアがある
 ・トランペット:やる気まんまんの絶対エース
 ・トロンボーン:いつも寛大で陽気なお酒好き
 ・チューバ:誠実で力強い、正義派 などなど

 ・・・ロンドベルの奏者は、何割ぐらい当てはまってるだろう?(笑)
  もし興味を持ってしまったら、本と「実物」を見比べてみると面白いですヨ(たぶんね)

てなわけで古今東西、緩急織り交ぜた選曲そして情熱と味のあるサウンドで、聴きに来て下さる皆さんを明るく楽しくお迎えします。 飽きさせないから期待して下さいね!
今回は、全国を旅する吟遊詩人の二刀流・Shinnosuke@saxがお届けしましたパンフ.JPG

posted by rondo-bell at 20:11| 練習